yourorchestra

1/23 オケの始まり②

2021年1月4日。首都圏は、コロナ拡大を防ぐため政府による緊急事態宣言が発令されるかどうかという時。彼女は緊張感でお正月気分もどこかへ飛んでしまっていた。まずは方針を決めなければならない。それと、会場とも打ち合わせをしなければ。まだお正月で店舗は休みなのに、店長に連絡をするなんて申し訳ない。

そんな焦った気分の中、最低限方針を打ち出し関係者に連絡をし、なんとかホッとした数日後。

更なる出来事が襲い掛かった。

「大変なことになった」

彼からの電話だ。

「定期検査に来たら、緊急入院することになっちゃって」

これは作り話でもなんでもない。本当のことだ。

「来週の勉強会は欠席する。予定ではその数日後に出られるから」

指揮をする彼が、検査で病気が見つかったため入院することとなってしまった。コロナではないが、指揮のために彼女と行っていたピアノスタジオでの勉強会は参加できないという連絡だった。それで済めばいいが長引く可能性もあるという。延期?どうする?様々な考えが一瞬にして頭をよぎった。

「来週13日には連絡できる。結果が出る」

「そこで延期か中止か決めましょう」

そこからは1月4日の比じゃない緊張感が続く日々だった。オケのメンバーを始めとして会場や関係者にそれぞれ事情を説明し、そこからは眠れない夜が続く。その後、幾度か状況報告の連絡があり15日にあった連絡で決行するということで決まった。退院できるという彼の喜びの声と、そしてそれをオケのメンバーに伝えたときの反応といったらなかった。

(みな、心してこの演奏会を待ち望んでくれている)

コロナにより、あらゆる演奏会が影響を受けている中でのこの企画。参加してくれるメンバーたちだって、並々ならぬ思いを持って臨もうとしてくれているのだ。

やっと安心して、その夜はぐっすりと眠れたはずなのに。

翌朝の着信履歴。嫌な予感。

続きはこちら→オケの始まり③

1/23 オケの始まり

それは変に気温が高い11月のある日だった。

彼女は知人のクラシックファンと演奏会に出かけ、帰り際に思わぬことを言われる。

「オーケストラを振ってみたい人間は山ほどいる。君が立ち上げてみたらどうだ?」

(私が、オーケストラを立ち上げる!)

その言葉に驚きを感じながら同時に将来へのワクワクした興奮が抑えられなかった。それは歩くだけでも汗をかくような妙に暑い天候と決して無関係ではなかった。ユアオーケストラ、という名称は帰りの電車で思いついた。ユアオケって呼んでもらおう。そんなアイディアまで出てきて楽しくて大変だった。

その日からおよそ3カ月。

「オーケストラは聴くだけじゃない。振るものだ。」を合言葉にユアオーケストラは始まった。

コロナ禍で最も打撃を受けやすい職業である演奏家たち。その彼らにとっても心地良い場としたい。指揮者となる音楽愛好家の方々には、心ゆくまで音楽を感じて頂きたい。このオーケストラで夢を奏でて頂けたら。

そんな思いでスタートしたところ、卓越した演奏家たちとこの上なく相性の良い会場と出会うこととなった。

あるメンバーは在学中に成績優秀なことから奨学金を得、あるメンバーは海外経験もあり、あるメンバーは斬新な試みで評価されているオーケストラのコンサートマスター。もちろん、プロオーケストラでも演奏しているしなんと首席だったメンバーもいる。そして、腕だけではなく音楽への志があるのだ。愛好家の方々に豊かな時間を感じて頂ける感性と実力の持ち主ばかりなのだ。

会場の広尾サロンKitchen麻布十番シェフはレストランでもあり、合奏が演奏できるスペースのサロンもあり地下にはロックスタジオまで併設している、音楽好きにはたまらない場所だ。店長の人の良さもあり、彼女は一目見たときからピン!ときた。

(私たちが音楽を紡いでいくとしたら、場所はここだ!)

そうして始まったユアオーケストラ。初回は彼女の知人であるクラシックファンが振った。そう、あの暑い日に彼女といた彼だ。

今までにない、音楽体験を。ユアオーケストラ。

続きはこちら→1/23 オケの始まり②

ユア・オーケストラ主催イベント 感染対策について

ユア・オーケストラ主催イベントでは新型コロナウィルス感染症への対策を以下のように行います。

 

①会場内でのマスク着用厳守。出演者も演奏時においてもマスクを着用し演奏致します。

②ソーシャルディスタンスと入場制限の徹底。客席の間隔は1席ずつ空けて設置致します。定員30名を最大15名までのお客様人数と致します。

③検温、手指消毒の実施。ご入場の際に37.5℃以上の熱がある場合はご入場頂けません。

④完全予約制、お名前名簿の保管。終演後2週間、ご来場の方々の名簿を保管致します。

⑤会場には、医療機関にも導入されている空気清浄機Airdogが設置されています。ウイルスよりも小さな0.0146μmの微細粒子まで除去が可能ということです。

 

また、緊急事態宣言中のクラシック音楽コンサート開催について、文化庁長官よりメッセージが発表されております。感染のリスクが少ないとのことです。よろしければご一読ください。「文化芸術に関わる全ての皆様へ」

 

2021/1/23 ユア・オーケストラ解禁!

 

今までにない「あなたのためのオーケストラ」としてユア・オーケストラは2021/1/23にその姿が解禁されます。音楽愛好家の方による指揮と演奏がどのようになるか、ぜひその目と耳でお確かめください。

 

曲目:モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジーク全楽章  

   バッハ/管弦楽組曲第3番より「エア」      

 

今回は、リハーサルも公開しています。メンバーだけで行うリハーサルの時間帯には指揮体験も可能です。

 

メンバーリハーサル 13:00~  愛好家の方リハーサル 14:00~ 本番 15:00~

完全予約制、入場無料(途中での入退場可)

会場:広尾サロン 東京都渋谷区広尾5-12-3

指揮:音楽愛好家 戸田雅之さん

演奏:ユア・オーケストラ

Vn アイティ I.T Violin 大杉那々子 張大赫 三原愛里 三宅政弘  

Vla 東義直 米納真妃子

Vc 藤塚紗也香

Cb  井上美冬

 

実は、この日に向けて初回の指揮者である音楽愛好家の方と、当オーケストラコンサートミストレスとでマンツーマンでの勉強会を積み重ねているところです。ピアノがあるスタジオで、ピアノや歌、ヴァイオリン演奏でご一緒に勉強して頂いています。演奏家たちはみなプロですから、指揮が思うように振ってくれなくても弾くことはできます。ですが、ユア・オーケストラはあくまで「その方の音楽」に忠実でありたく、振り方のちょっとした癖や雰囲気なども踏まえて事前に打ち合わせておくことで、いざオーケストラを前にしたときによりスムーズに良い音を出せると思っているからです。

※当日の感染対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

このオケの始まりについてはこちら。1/23 オケの始まり

1/23 オケの始まり②

1/23 オケの始まり③

 

 

お問い合わせは以下にお願い致します。