運命

現場舞台袖ヒリヒリ百景①

~G線上のアリアの場合~

皆様、クラシック演奏家の「現場事情」はご存知でしょうか。いつもサラッと弾いているかのように見えるプロの現場で行われていること……。ここでは、プロでないとなかなか感じられない現場での都合や不都合についてお伝えしていきます。

さて、今回は先日ユアオーケストラで演奏したバッハ作曲管弦楽組曲第3番よりエア(通称G線上のアリア)についてです。

この曲は2つの面で有名で、一つはバッハが書いた原曲である合奏曲。そしてもう一つは19世紀のヴァイオリニスト、ウィルヘルミという人が編曲したヴァイオリン独奏のための曲です。(独奏といいますが実際にはピアノ伴奏がつきます。)バッハが書いた合奏曲が大変美しく素晴らしかったためウィルヘルミが独奏用に編曲したのでしょうが、実は編曲の際に次のようなことが施されました。

  • 調性をニ長調からハ長調に変更
  • ヴァイオリンの一番低いG線一本のみで演奏

これによりとても良い編曲となり、この曲は「G線上のアリア」として広く知られるようになりました。このタイトルもいいですよね。

で、これをヴァイオリニストから眺めてみると。

私が一番気を付けたいのは、音程の取り方です。

独奏の場合、私は自分の音色が際立つようにそれぞれの音程をその音の雰囲気に合わせて取りますが、合奏の場合は溶け込まないといけません。ただでさえ、数多く演奏してきている独奏版での音程が無意識のうちに合奏でも出てきてしまいます。そうすると、合奏としてはうまく合わない。

なので、弾きこんでいる曲であればあるほど、事前に音程をしっかり「調整」する必要があり、これがなかなか大変でもあるのです。もっと上手いプレイヤーの方々はそんなことないのかもしれませんが、不器用な私はそうではなく、一度身に付いたものを変えることは難しいのです。

ちなみに、音の雰囲気に合わせて音程を取るというのは、言葉にすると「広めに取ったり狭く取ったり」となります。音程の間隔を広めにすると豊潤な雰囲気に聴こえたり、あるいは狭くすると内向的な切ない雰囲気が表現できたりするようで……。音程というものは擦弦楽器奏者にとっては永遠のテーマですね。

またこの曲を演奏する機会があったら、どちらの形においても「良い音」を目指したいものです。

お客様の声

2021年1月23日に開催したユアオーケストラコンサートの指揮体験コーナーにご参加下さった二人のお客様のご感想と演奏シーンをご紹介致します。

2021年1月23日、広尾サロンでのYour Orchestraスタートアップコンサートに「参加」させていただきました。指揮もできるということで、少し勇んで足を運びました。実は、この日、別のコンサートを聴く予定だったのですが、ご縁を感じそちらをキャンセルして伺った次第です。 会場に着くとたちまち、9人の皆さんが奏でる豊饒な響きに心を奪われてしまいました。コロナ禍で、クラシックファンはコンサートホールに行けない「飢え渇き」があったため、生音を聴くことのよさを再認識していることと思います。つまりは、何かのコピーではなく、一回限りの芸術体験ということですね。今回、私はまさに「快」の体験をさせていただきました。 指揮のほうはご指摘のあったとおり、曲が進むにつれてテンポが遅くなってしまったようです(アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク第1楽章)。音こそ出しませんが、指揮はまさに「演奏」だと思い知りました。 このような試みのコンサートはユニークで有意義だと思いますので、これからもぜひお続けください。今日はありがとうございました。~

~本日は図らずも、J. S. BACH の不朽の名作で弦楽オーケストラの指揮初演の経験を賜り誠にありがとうございました。私は中学高校で吹奏楽を経験しており、上級生の時に指揮をやっておりましたが、その経験以来数十年ぶりの指揮でございました。事前にカラヤンのYoutubeで予習していましたが、フルコースはABABの形式でして、本日はA部分だけでしたが十分堪能させていただきました。この音楽は人生の最終局面での達観した雰囲気を持っていると思いますが、走馬灯の様に思いを巡らした後の静けさの処理がポイントでしょうか。最後に対旋律も無く最終音の簡素な和音をいかに静かに美しく終わらせる事が出来るかどうかが重要だと思っております。是非素晴らしい作品を世の中に普及させましょう。~

1/23 オケの始まり②

2021年1月4日。首都圏は、コロナ拡大を防ぐため政府による緊急事態宣言が発令されるかどうかという時。彼女は緊張感でお正月気分もどこかへ飛んでしまっていた。まずは方針を決めなければならない。それと、会場とも打ち合わせをしなければ。まだお正月で店舗は休みなのに、店長に連絡をするなんて申し訳ない。

そんな焦った気分の中、最低限方針を打ち出し関係者に連絡をし、なんとかホッとした数日後。

更なる出来事が襲い掛かった。

「大変なことになった」

彼からの電話だ。

「定期検査に来たら、緊急入院することになっちゃって」

これは作り話でもなんでもない。本当のことだ。

「来週の勉強会は欠席する。予定ではその数日後に出られるから」

指揮をする彼が、検査で病気が見つかったため入院することとなってしまった。コロナではないが、指揮のために彼女と行っていたピアノスタジオでの勉強会は参加できないという連絡だった。それで済めばいいが長引く可能性もあるという。延期?どうする?様々な考えが一瞬にして頭をよぎった。

「来週13日には連絡できる。結果が出る」

「そこで延期か中止か決めましょう」

そこからは1月4日の比じゃない緊張感が続く日々だった。オケのメンバーを始めとして会場や関係者にそれぞれ事情を説明し、そこからは眠れない夜が続く。その後、幾度か状況報告の連絡があり15日にあった連絡で決行するということで決まった。退院できるという彼の喜びの声と、そしてそれをオケのメンバーに伝えたときの反応といったらなかった。

(みな、心してこの演奏会を待ち望んでくれている)

コロナにより、あらゆる演奏会が影響を受けている中でのこの企画。参加してくれるメンバーたちだって、並々ならぬ思いを持って臨もうとしてくれているのだ。

やっと安心して、その夜はぐっすりと眠れたはずなのに。

翌朝の着信履歴。嫌な予感。

続きはこちら→オケの始まり③